ご参加いただきありがとうございました

大阪会場、東京会場ともに多くの方にご参加いただき、大変盛況なセミナーとなりました。
お忙しい中、ご参加いただき誠にありがとうございました。

株式会社ヒトラボジェイピーでは、今後も働き方改革の推進に伴い、企業に求められる抜本的な対策について、最新の事例や対策方法をお届けして参ります。次回セミナーのご参加を心よりお待ち申し上げております。

働き方『改革』セミナー

職場の「残業体質」の改善は
生産性向上とリスクマネジメントにつながる

いよいよ残業上限規制法案の骨格が固まり、年内に国会提出の日程も見えてまいりました。今後は、準備期間を経た後、法律の施行が予定されています。また、この規制の実行を担保するものとして、労働基準監督署の体制強化や違反企業の公表や罰則強化なども検討されているようです。

この規制への対応の難しさは、以下の点にあります。

  • 残業の実態が、管理者や社員の申告結果と異なるケースが発生することが考えられ、職場の実態や残業の実態が経営トップや人事部門からは把握しにくい
  • 一方、会社の中の一人でも違反者が見つかった場合、突然、大きな経営リスクとして表面化する
  • 経営トップや人事部門の危機感と現場の感覚にはいまだにずれがある。本規制に対する職場レベルの危機意識がまだ低く対策が取られていない
  • 単なる時短でなく、生産性が高く競争力につながる高いアウトプットを出す職場を目指したいが、目先の時短対策に追われている

など、今規制を職場に徹底し、さらにはこれを機会に競争力のある職場体質にすることが非常に難しい状況となると考えられます。

ヒトラボジェイピーではこの問題への対応は、各職場の「残業体質の可視化による改善」と「ハイアウトプット体質への改革」にあると考えています。

残業体質とは、従来のような労働時間に厳しい制限がなかった時代に染み付いたマネジメントスタイルや社員の方個々人の働きかたを指します。
これからの時代には、今までのスタイル「残業体質」を改め、競争力につながる「高生産性体質」の職場へ転換してゆくことが求められます。
そのためには、現在、会社全体や各職場が、どのような「残業体質」になっているのかを包括的に把握することが第一歩となります。

どの職場が残業体質にあるのかを把握することで、残業リスクや社員の健康リスクの事前管理が可能となり、各職場の課題も浮き彫りになります。それらの課題を経営トップ、人事、各職場が一体となって解決してゆくことが生産性の高い職場、会社づくりにつながると考えます。

本セミナーでは、残業体質とはどういうものか、どのようにそれを把握するのかから、残業体質職場の課題への対応と高生産性職場、ハイアウトプット体質の職場への転換について解説したいと思います。

本セミナーが皆様の会社の、社員の方々の健康リスクと経営リスクの低減、さらには生産性の高い職場づくりのお役に立てるよう、必要な取り組みを解説したいと思います。

開催日時・会場

東京

日時:2017年5月25日(木)

時間:18時30分〜20時00分(開場:18時15分)

会場:日経大手町セミナールーム1
〒100-8066 東京都千代田区大手町1-3-7

参加費:無料

大阪

日時:2017年5月17日(水)

時間:18時30分〜20時00分(開場:18時15分)

会場:梅田スカイビル会議室 タワーウエスト22階 A-1会議室
〒531-6023 大阪府大阪市北区大淀中1−1

参加費:無料

  • ・会場のキャパシティの関係上、先着順とさせて頂きます。満席の場合、お申し込み頂いてもお断りする場合や追加日程での実施となることを予めご了承ください。
  • ・弊社と同業の方のご参加はお断りしております。
  • ・最低実施人数を下回る場合、中止・延期とさせていただく場合もございますのでご了承ください。
  • ・本セミナーは本年3月15日に実施された働き方改革セミナーと重複する部分がございますので、前回ご出席頂きました方はご注意ください。

ヒトラボジェイピーの「働き方改革」へのアプローチ

ヒトラボ

長時間労働削減の取り組みが一過性にとどまらず、かつ生産性向上や企業の競争力向上につながる「働き方改革」には、組織風土の理解、働く社員の方々の心理やインセンティブへの洞察、戦略的な視点からの知的生産性を向上させる新たな仕組みやITの活用など、複合的なアプローチが必要となります。

ヒトラボジェイピーでは、戦略コンサルティング、人事コンサルティングの豊富な経験者に加え、心理学、脳科学、IT技術の知見を統合し、「真の働き方改革」を支援できるチームを組成しております。

講師紹介

永田 稔

代表取締役社長 / チーフアーキテクト

一橋大学社会学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)にてMBAを取得。マッキンゼー、タワーズワトソンでの20年の経営及び人事コンサルティング経験を経て、ヒトラボジェイピーを設立。著書に「不機嫌な職場」(講談社 渡部幹 他と共著)、「非合理な職場」(日本経済新聞出版社)。
2013年から2015年にかけて日本経済新聞キャリアアップ面「経営書を読む」担当執筆。2008年から早稲田大学MBA非常勤講師「企業価値向上のための人材マネジメント」講座担当。

村上 朋也

ソーシャルアーキテクト

京都大学農学部生産環境科学学科卒業。IBMビジネスコンサルティングサービス、ウイリス・タワーズワトソン出身。
リーダーシップ開発、マネージャー研修、後継者計画、人材アセスメント、エグゼクティブ・コーチング、組織変革支援、コーポレートガバナンス(取締役会評価、経営者指名)、人事制度設計などの領域を中心にコンサルティングサービスを提供。2016年10月にソーシャル・アーキテクトとしてヒトラボジェイピーに参画。